• 介護事業の経営者になるメリットとデメリットとは

    介護事業の経営者になると、偉くなった気がする、収入がいい、家族に褒められるなどがメリットです。

    経営者は会社の社長にあたる身分なため、偉くなったと感じてもおかしくありません。

    沢山の介護士達に指示を出し、訪れるお客達を出迎えていると、自然と貫禄が身についていきます。

    髪型を変えてみたり、着ている服を上質な物に新調してみるのも悪くないです。

    また、経営が軌道に乗れば、自身の口座に振り込まれる収入も増加していきます。

    Yahoo!知恵袋情報のご紹介です。

    その時は、銀行のATMで通帳に記帳させるのが楽しみになっていると想定されます。

    ディズニーのバスの情報が豊富です。

    ただ、通帳を記帳して喜んでいる姿は、自社に勤める介護士に見られると笑いのタネになるので注意です。
    また、事業の内容が人のためになることなので、家族は絶賛してくれると思われます。ただ、家族に動けなくなったらお願いと言われたら、返事に困るかもしれないです。半分は冗談なので、気にしなくても大丈夫です。

    デメリットは経営が軌道に乗るまで時間がかかる、人を雇うと給料を払う必要があるなどです。


    事業を開始すると最初のほうはまだ名前が知られていないため、お客があまりやってこないです。
    看板を設置したり、ネットのほうでサイトを開設すると、お客が徐々に増える結果につながりやすいです。
    また、人を雇いたいと考えた時は、顧客が増えてからにしたほうが無難です。

    顧客が少ない時に人を雇うと人件費がきつくなってしまうので、顧客が増えてからにしたほうがいいです。

    介護予防・日常生活支援総合事業に関する情報を提供中です。

  • 身に付けたい知識

    • 超高齢社会の日本にとって高齢化率の上昇と要介護者の人数上昇は避けられません。介護業界は措置制度から契約制度に変わった2000年以降、従来の法人格を持つ事業所に加え、株式会社や一般社団法人などの企業の参入も目立つようになってきた業界です。...

  • 意外な真実

    • 介護保険制度の分野の中に、介護支援というものがありますので、細かくご紹介したいと思います。介護支援は、施設、デイサービス、ホームヘルパーのように実際にご利用者の身体に触れてケアすることはなく、相談援助が主となり、ケアマネージャーが担当します。...

  • 福祉のコツ

    • 居宅介護支援事業所のケアマネージャーは、利用者の自宅に訪問し、相談を受けながら利用者に最適な介護サービスを提案調整することが、ひとつの業務ですが、介護保険制度だけでは全てのニーズに対応できない場合もあります。ここでは、どのような支援内容があるのかご紹介したいと思います。...

  • 福祉の特徴

    • ケアマネージャーという言葉を耳にする方が多いと思いますが、ケアマネージャーは正式には介護支援専門員という資格を有する人を指します。ヘルパー等の資格を有して働いている方が目指す事が多い資格でもあります。...