• ケアマネージャーは介護保険以外の支援もしてくれる

    居宅介護支援事業所のケアマネージャーは、利用者の自宅に訪問し、相談を受けながら利用者に最適な介護サービスを提案調整することが、ひとつの業務ですが、介護保険制度だけでは全てのニーズに対応できない場合もあります。

    毎日新聞が評判になっています。

    ここでは、どのような支援内容があるのかご紹介したいと思います。在宅生活を継続して、必要な介護保険を利用するためには、お金が必要になります。
    しかし、年金の少ない方は収入に対して出費が上回ってしまうため、困窮した状況になってしまいます。


    その状況を確認したケアマネージャーは、市区町村窓口や福祉事務所などに現状を報告し、必要があれば、生活保護申請の支援を行う場合もあります。

    また、利用者が認知症により、金銭管理などが行えない場合は、成年後見制度や権利擁護事業、自治体が行っている金銭管理事業などの支援を行う場合もあります。



    基本的に介護保険では、利用者が通院などに出かける際、院内を付き添うなどの介助は行ってもらうことができません。
    しかし、家族や付き添いできる人がいない場合、本人は足取りが不安定で、医師の言うことも十分に理解できない状態で通院しなくてはならなくなってしまいます。このような際は、ケアマネージャーが医師へ状況報告や相談のため、立ち会うこともありますが、毎回付き添うことはできません。


    そんな時は有料ボランティアや、自費サービスを行っているヘルパーなどの連絡調整を行う場合もあります。


    しかし、ケアマネージャーは便利屋ではありませんので、利用者も「頼めばなんでもやってくれる」という思い込みは取り払った方がいいようです。